義歯・入れ歯

義歯には色々な種類があります。一般的な「クラスプ」と呼ばれるカニのはさみのようなバネを使った義歯から、バネが見えない機構を用いたアタッチメント義歯、マグネットを使った義歯もあります。しかしもっとも大切なことは、これまでに歯を失った原因を考え、これ以上歯を失わないようにすることです。歯周病で歯を失ってきた患者様に、見栄えが良くても複雑で掃除のしにくい形態の義歯は適しません。また不幸にして欠損が増えた場合に、速やかに改造して使い続けられることも必要かもしれません。残っている歯で義歯を支える必要がある以上、材質もさることながら、その設計が重要であることを知っておいてください。

クラスプ義歯

クラスプと呼ばれるカニのはさみのようなバネを使った義歯です。残っている歯にバネをひっかけて義歯を固定します。


ノンクラスプ義歯

クラスプ(金属のバネ)が無い義歯です。金具が無いため、口を開けても目立たなく審美性に優れています。


コーヌスクローネとマグネット義歯

下の写真は、上顎を「コーヌスクローネ」という2重冠方式の義歯で、下顎をマグネット式の義歯で治療した症例です。


歯を失った場合の治療の種類

ブリッジ

「ブリッジ」とは、歯を失った場合に、失った歯の代わりに噛む機能を補う治療方法です。ブリッジをするためには、歯を失った部分の両隣りの歯を削り、土台(支台歯)として使用します。比較的良好に使用できますが、健康な歯を削るということに抵抗のある方は、インプラント治療や入れ歯が適しています。

入れ歯

部分入れ歯

「部分入れ歯」はブリッジと同じく、歯を失った場合に噛む機能を補うための治療方法です。部分入れ歯は取り外しが出来て、衛生的であるというメリットがあります。一方で、他の健康な歯にバネを引っ掛けるため、健康な歯への負担は避けられないデメリットがあります。

総入れ歯

「総入れ歯」は上顎や下顎、もしくはその両方の歯を全て失ってしまった場合に噛む機能を補うための治療方法です。総入れ歯には、健康保険適用のプラスチック製のものや、健康保険適用外の金属床とよばれるものなどがあります。

インプラント

「インプラント」は、歯を失ってしまった場所のあごの骨にインプラントを埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。手術の必要がありますが、より天然の歯に近い噛み心地が得られます。