歯科審美治療について

歯科審美治療は、お口の状態をより美しく改善するための治療です。

「歯を今よりも白くしたい」
「歯の形をきれいに整えたい」
「歯並びをきれいに整えたい」

など、お口の審美性に関するお悩みを解決する様々な治療があります。

歯科審美治療では、「歯や口元の見た目」の改善を目的として、自然な白さのセラミックやジルコニアなどの詰め物や被せ物をする「セラミック治療」、歯を今よりも白く漂白する「ホワイトニング」があります。歯並びを改善するための「歯列矯正」も審美的な要素が大きくありますので、審美治療のひとつとも言えます。


セラミック治療(セラミックやジルコニアなどの詰め物・被せ物)

歯を削った後の、詰め物や被せ物による修復治療の材料を、セラミック、ジルコニアなどの、セラミック材料で行う治療です。天然の歯に近い見た目の、より自然な白さと仕上がりが特徴です。


セラミック治療の方法の種類

インレー(詰め物)

インレーとはいわゆる「詰め物」のことです。歯を削った範囲が小さい場合は「インレー」となります。少し大きめの場合には「アンレー」となります。

クラウン(被せ物)

クラウンとはいわゆる「被せ物」のことです。歯を大きく削ることになった場合には、インレーではなくクラウンを被せて修復することになります。クラウンの場合は、ご自身の歯の残っている部分で土台とする場合と、神経の治療をした場合(根管治療)には、土台を立ててから被せます。

ブリッジ(歯の抜けた部分をまたいだ被せ物)

ブリッジは歯の抜けた部分をまたがせるために、数本の歯が連なった被せ物を作り、歯の抜けた部分の両隣りの歯を削って形を整え、土台(支台歯)として、橋渡しするように被せます。

セラミック治療の材料の種類

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミックとは、裏打ちに金属を使用せず、代わりに「ジルコニア」を使ったセラミックです。従来のセラミッククラウンでは、セラミックだけでは強度が弱いため、裏打ちに金属を使っていましたが、金属は光を通さないことで不透明感がでてしまったり、金属アレルギーの問題などもありました。その点、ジルコニアセラミックでは、透明感があり、金属アレルギーの方にも適しています。つまり、強さと美しさの両方を持った人工歯です。


オールセラミック

オールセラミックは、その名の通り全てがセラミックでできています。非常に美しい仕上がりが特徴です。


オールジルコニア

オールジルコニアは、全てジルコニアから成り、非常に強度があります。奥歯など強い力がかかる部分に適しています。


セラミック治療の「メリット」と「デメリット」

当院では、とりたてて自由診療のメリットばかりを強調するのではなく、しっかりとデメリットもご説明させて頂いております。どのような治療にも医療行為であるからには、長所もあれば、短所もあり、リスクがゼロといったものはないという考えのもと、ご説明を丁寧に行っております。

メリット

・銀歯や、プラスチックと違い、セラミックやジルコニアなど質の高い歯科材料を使用できます。
・金属アレルギーの心配な方は、金属を使用しないメタルフリー治療が可能です。
・天然の歯と見分けがつきにくい自然で美しい仕上がり、理想的な歯の形や色を再現可能です。
・歯を削る量が、保険の銀歯のの場合に削る量と比べて、少なくすることが可能です。

デメリット(考えられるリスクや副作用について)

・歯科審美治療は健康保険適用外の自由診療となります。そのため保険診療よりも費用が高額となります。症例により1歯10~15万円(税別)です。
・セラミックの詰め物や被せ物は欠けることがあります。
・医療行為という性質上、全てにおいて絶対に理想とする美しさを実現可能というものではありません。