ホワイトニングとコンポジットレジン ~ ホワイトニング後にもっと白いレジンに詰め替える

ホワイトニングとコンポジットレジン

前歯に小さな虫歯ができてしまった場合、通常はコンポジットレジンと呼ばれる歯の色に似たプラスティック系の詰め物で治療します。しかしその後ホワイトニングを行うと、コンポジットレジンを詰めた部分は漂白されないので白くならず、逆に目立ってしまうことがあります。そのような場合は、ホワイトニング後にもっと白いレジンに詰め替える必要があります。左写真がホワイトニング前、中写真がコンポジットレジン(経年変化で変色しています)が詰めてある場所、右写真がホワイトニング後にコンポジットレジンも詰め直した状態です。

ホワイトニングの項目参照